JUGEMテーマ:沖縄
8月10日は旧暦の7月15日で、旧盆の最終日の事を「ウークイ」と呼ぶ。

7月13日(ウンケー)、7月14日(ナカヌヒー)、7月15日(ウークイ)には
毎食、仏壇にご馳走を並べ、ご先祖様をおもてなしする。

最終日のウークイは、夜遅く行われる。
「旧盆を楽しんでもらえたか?」
「来年もまた、お迎えしますので
家族の健康と子孫繁栄を宜しくお願いします。」と、
あいさつをし、仏壇で線香を焚いて、玄関先に導く。

玄関先では、ウチカビ(あの世のお金)を焚いて
ご先祖様を見送る。



地域によっては、エイサーという踊りで、あの世に帰るのを促す。
昔は、エイサーをするのは、地域の青年部がある中部や南部の一部だったが
この20〜30年は、地域にとらわれず創作エイサーも盛んに行われるようになったので
沖縄のあちこちで、エイサーの演舞を見る機会が増えた。
ご先祖様もエイサーで見送られて、喜んでいるだろう。

この1年も、家族が元気で幸せに生活できるようお願いする。
「ウヤファーフジ、ユタサルグゥトゥ、ウニゲーサビラ!」
(ご先祖様、宜しく、お願い致します!)
 
琉球の染め織り・衣類の事は 沖縄琉装苑
 沖縄県那覇市久茂地3−6−11−203 メゾン久茂地
 
tel  098-863-8131
沖縄琉装苑のメールアドレス
 okinawa@ryusoen.net
沖縄琉装苑のホームページ
 
http://ryusoen.net/

店舗営業  完全予約制  *出張の為、不定休あり
 
*2013年より、完全予約になりましたので、ご了承くださいませ。
メールか電話で予約を、宜しくお願いいたします。

JUGEMテーマ:沖縄
今日は旧暦の「7月13日」 旧盆の初日を沖縄では「ウンケー」と呼ぶ。
実家に行き、ウンケーの儀式を行ってきた。

まず、玄関先で線香を燃やして
「ご先祖様、旧暦の7月13日ですので、家に入ってください。」
と唱えて、ご先祖様をお迎えする。

その線香には、通常はお墓にいらっしゃるご先祖さまが
「家の中に入って行く!」という誘導の意味があるので
玄関先から仏壇の香炉に、線香をそなえる。



みんなで「家族が健康で、子孫繁栄していることへの感謝」と
「旧盆を楽しんでください!」と、あいさつをしウンケーの儀式は終わる。



そのあとは、家族みんなで「ウンケージューシー」を頂く。
今年は仏壇にお供えした御膳を、私が頂いた。
仏壇やお墓にお供えした食べ物を頂くことを「ウサンデー」という。



クワッチーサビタン! (ご馳走様でした)
 
琉球の染め織り・衣類の事は 沖縄琉装苑
 沖縄県那覇市久茂地3−6−11−203 メゾン久茂地
 
tel  098-863-8131
沖縄琉装苑のメールアドレス
 okinawa@ryusoen.net
沖縄琉装苑のホームページ
 
http://ryusoen.net/

店舗営業  完全予約制  *出張の為、不定休あり
 
*2013年より、完全予約になりましたので、ご了承くださいませ。
メールか電話で予約を、宜しくお願いいたします。

JUGEMテーマ:沖縄
梅雨が明けると、夏の甲子園にどこの学校が代表になるか気になる。
私は出身の「首里高等学校」と「糸満高等学校」を応援している。

理由は、母方の祖父が「糸満高等学校 校歌を作曲」し
両親や叔父・叔母の母校が糸満高等学校だから、とても身近に感じている為。

本日、第96回全国高校野球選手権沖縄大会が行われた。
惜しくも、糸満高等学校は準優勝だったが
優勝した沖縄尚学高校には頑張って欲しい。

先日、糸満高等学校の校歌の由来を改めて、母と叔父・叔母に訪ねた。

当時、祖父は糸満高等学校で音楽を教えており
国語の担当だった、嘉味田宗栄先生(後の琉球大学教授)に
「校歌を作るので、この詩に曲を付けて欲しい」と依頼があったそうだ。

祖父はマラリアにかかっていた為に、職場である学校も欠勤をよくしていたが
布団の中で震え、うなりながら作曲をしていた。

「君は、この作詞を見てどう思うか?」と、糸満高等学校に在学中だった
叔母に祖父は聞いたそうだが「う〜〜〜ん、意味わからない・・・?」
と、今時の女子高校生と同じような答えをしたらしい。
昔も今も、若者(わかもの)は馬鹿者(ばかもの)だね〜(笑い)

だが、小学校の教師をしていた祖母は下記のようなアドバイスをした。
「校歌は歌が上手い人だけが唄うわけではないので
生徒や教師、誰でも唄える音域で作曲を行った方が良い。
また、リズムに乗って歩くことが出来る、行進曲がベストであろう。」

それで、大勢の人が一緒に歌える音域で、糸満高等学校の校歌は出来上がった。
だが、作曲した祖父は死ぬ間際まで、叔母に愚痴をこぼしていた。
「作詞は素晴らしいが、曲は気に入らないので、誰か作曲し直してくれないかな・・・」


話は変わるが、叔母が糸満高等学校在学中に、祖父は高校を退職をしている。
退職の挨拶は朝礼で、全校生徒に向かってしたそうだ。

「私には、沖縄一中・鉄血勤皇隊で亡くなった息子がいる。
糸満高等学校には、息子の同級生の一中の生徒が何名も在学していて
彼らの顔を見るたびに、息子を思い出し辛くなる。」

沖縄の地上戦では、すべてが焼け野原だったため
高等学校が設立されたのは下記の順番だった。

1946年1月16日 糸満高等学校を設立。
1946年1月27日 糸満高等学校首里分校として分立。
1946年3月31日 糸満高等学校首里分校から独立し、首里高等学校を設立。
1947年9月30日 首里高等学校那覇分校として分立。
1948年2月27日 首里高等学校那覇分校から独立し、那覇高等学校を設立。

簡単にまとめると、「糸満」→「首里」→「那覇」の順番に高等学校は設立された。
それで初期の糸満高等学校には、「一中」と「二中」の生徒が大勢、集まっていた。

亡くなった叔父も生きていたならば、糸満高等学校に通っていただろう・・・

叔母や母から、祖父の朝礼の話は何度も聞いたことがあるが
聞くたびに、祖父の気持ちを考えてしまい、私の胸は「ギュ」と締め付けられる。
そして、3名は無言になり、涙が溢れ出す。

いつか、甲子園球場で「糸満高等学校の校歌」を聞きたいなぁ〜
「チバリヨ〜、糸満高等学校 野球部!!!」



糸満高等学校 校歌  
  作詞  嘉味田 宗栄
  作曲  中村 昌直

世紀の潮 よるところ  
うるまの富を はらむ町
あらしにたえし 南山の
こごしき影の かたほとり
夢まどかなる 学舎に
朗らに響く 明けの鐘

 
琉球の染め織り・衣類の事は 沖縄琉装苑
 沖縄県那覇市久茂地3−6−11−203 メゾン久茂地
 
tel  098-863-8131
沖縄琉装苑のメールアドレス
 okinawa@ryusoen.net
沖縄琉装苑のホームページ
 
http://ryusoen.net/

店舗営業  完全予約制  *出張の為、不定休あり
 
*2013年より、完全予約になりましたので、ご了承くださいませ。
メールか電話で予約を、宜しくお願いいたします。

JUGEMテーマ:沖縄
買い物でパレットくもじに出かけた。
何かキラキラ光る絵が目に入り、7階の美術サロンに入った。





作家の金城龍太さんにお話を聞くことができた。
金城さんの制作方法は、まず「詩」が浮かんでき
その詩をイメージした「絵」や「立体」を出来上がっていくそうだ。



今回のテーマは「クリスタル・アート展」
作品に「スワロスキー」頻繁に使用している。
どうりで、キラキラと光っているわけだ!


星物語 金城龍太 クリスタル・アート展

デパートリウボウ(7F)美術サロン
2014/7/1(火)〜7/7(月)
10:00〜20:30 (最終日は17:00まで)



父が午年で今年は生年祝いだから、下記を予約した。
 


 
琉球の染め織り・衣類の事は 沖縄琉装苑
 沖縄県那覇市久茂地3−6−11−203 メゾン久茂地
 
tel  098-863-8131
沖縄琉装苑のメールアドレス
 okinawa@ryusoen.net
沖縄琉装苑のホームページ
 
http://ryusoen.net/

店舗営業  完全予約制  *出張の為、不定休あり
 
*2013年より、完全予約になりましたので、ご了承くださいませ。
メールか電話で予約を、宜しくお願いいたします。

JUGEMテーマ:ファッション
梅雨も明け、かりゆしウェアの季節になりました。

商品イメージ1

沖縄琉装苑では「琉球かりゆし」と名づけて
オリジナルのシャツを制作しております。

商品イメージ2

その他にも、色々なオリジナルデザインがございます。

ホームページもご覧下さい。

沖縄琉装苑
http://ryusoen.net/

 
琉球の染め織り・衣類の事は 沖縄琉装苑
 沖縄県那覇市久茂地3−6−11−203 メゾン久茂地
 
tel  098-863-8131
沖縄琉装苑のメールアドレス
 okinawa@ryusoen.net
沖縄琉装苑のホームページ
 
http://ryusoen.net/

店舗営業  完全予約制  *出張の為、不定休あり
 
*2013年より、完全予約になりましたので、ご了承くださいませ。
メールか電話で予約を、宜しくお願いいたします。